• HOME
  • みれなかったものがみれたとき When I saw what I could not see
みれなかったものがみえたとき

みれなかったものがみれたとき

When I saw what I could not see

リボーンアートフェスティバル2017
Reborn Art Festival 2017
2017 Jul 22 – Sep 10
Miyagi Japan

あの日から6年(展覧会当時)、そこには様々な思いや、強烈な葛藤があったことと思います。
窓から望める景色。美しいと思える景色。恐怖心を与える景色。
展示室に設置された窓は、「みえる」と「みえない」状況を機械的に、強制的に作り出します。
同じ景色もそれまでの自己体験によって違うことでしょう。
同じ展示空間に違う意識を持った人々を交差させることを試みた。

6 years have passed since then.
It reminds us that there were various feelings and strong conflicts.
Scenery from the window. Scenery which makes people feel beautiful. Scenery which causes fear.
The windows which installed in the exhibition room produce the “visible” and “invisible” situation mechanically and forcibly
The same scenery looks different depending on personal experiences.
This project attempted to crisscross people who have different consciousness in the same exhibition room.

展示テキストより抜粋

あの出来事からは、美しさと悍ましさは不可分の関係にあることを見せつけられ、その後の時を体験せざるをえなかったことでしょう。

そして6年。失われることのなかった郷土の誇りをもとに、再びこの土地の美しさや平常を取り戻そうとしています。しかしその過程の中では、地域や地区による意識の差異が拡張され、それは同じプロパティのなかでさえも起きているのではないでしょうか。それの良し悪しは偏に述べることはできませんが、そこには強烈な理不尽と猛烈な葛藤、尊い記憶とのやりとりがあったことでしょう。

本作では、目の前に確かに存在している風景を切り取り、二つの異なる手法・設えによって再構成しました。

個々人の心理と実態との距離、他者との距離、物事との距離、そして時間と距離。それらにあてはめられる尺度は存在するのだろうか。

静かに対峙する場所の設定になることに期待します。

増田拓史

When I saw what I could not see, 2017

From that incident, we had to see that the beauty and horror were inseparably related.
And from then we had to experience the time that followed.
6 years since.
Based on the pride of our motherland, we are trying to recuperate the beauty of the land and the daily lives.
But in that process, the difference of the awareness among various areas and communities has widened and it seems to happen within the same property.
Whether it is good or bad, I do not know. But we have seen extreme irrationality and conflict, and remembrance to the respectful memories.
I have cut out a scenery that surely exists in front of our very eyes and reconstructed it by two different methods and arrangements.
Is there any way to measure the distance between the psychology and the reality that one faces, the distance between one and the substance, the time and distance?
I hope this will be a place to confront many different themes in silence.

Wrote by Hirofumi Masuda 2017